小倉昌男 経営学

小倉昌男 経営学

  • 作者: 小倉昌男
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 1999/10
  • メディア: 単行本
  • 購入: 20人 クリック: 365回
  • この商品を含むブログ (97件) を見る
 1999年刊行のこの本。やるべきことをしっかりとやってきた方の言葉には、毎度ながら背筋が伸びます。
この本の前書きでの非常に謙虚な姿勢にも好感。 まぁ「生涯に最初にして最後、一回限りの著作である。」と大見得を切っておきながら、amazon で検索するとその後わらわらと氏が著者名となっている本が出てくるのは、ほんのご愛敬。必要だと思ったら前言を翻してでもやるものでしょう。(ならば最初からそんな大見得を切らなければいいのにという指摘は、笑い話として)


 個人to個人への配送は無駄が多くビジネスとして無理、と言われていた時代に、その必要性に着目して工夫を重ね成功を収めてきた、その過程が描かれています。 その時々で何を考えていたか、本質は何だったのか。 それが氏の言葉で語らえていることに、この本の価値があると思います。
 単純化、小型化、複数回化、、言葉にしてしまうと単純な「ノウハウ集」に聞こえてしまうかもしれないが、これらは何らかの「問題点があったからその解決のために」または「よりよくするための良解を探していて」行き着いた結論であるそのことが語られている本書を、一気に読み終えました。 面白かった。


.